■クチコミ・エンジンの作り方

数千人の中小企業経営者に行った調査によると、
63.4%の人が、取引の半分以上が紹介によるもの。

しかしその一方で79.9%の人が紹介を生み出す何らかの
システムががないと認めている。

企業の経営者はクチコミの持つパワーが強力であることを
知りながら、経営者の約8割がそれを活用するために
何もしていない。

クチコミなんて偶然ではなく必然に変えるノウハウを
知りたければまずはこちらを読んで欲しい

90日間返金保証&送料無料
クチコミ・エンジンの作り方


本の内容を紹介すると

・誰も知らないクチコミの現実

・クチコミされる人、されない人の差はどこにある?

・マーケティングの4Cとは何か

・顧客紹介システムのプロセス

・本物のクチコミ・マーケティング戦略

・クチコミ・マーケティングとしてのコンテンツづくり

・ソーシャル・メディアとクチコミの融合戦略

・顧客ネットワークの構築

・戦略的クチコミ・ネットワーク

・紹介された見込み客を顧客に変えるステップ




■質問で売上をアップさせる方法

日本で少子高齢化が今後ますます進むことは確実だ。

多くの20代〜40代の人たちは公的年金だけで豊かな老後を
暮らせると考えていない。

そのためには自分で何とかしないといけないとみんなうすうす
気づいている。

ここで考えてもらいたい。

こんな状況の中であなたが公的年金で足らない部分を賄うための
積立式の保険を20代〜40代に売るとしたどうやって売るだろうか?

売れない営業パーソンはこう言って保険を勧める。

「公的年金では豊かな生活をするのに足りません。
 この保険で貯めましょう。」

一方トップセールスはこんな質問をする。

「公的年金はいつからどのくらいもらえるかご存知ですか?」

「豊かな生活を送るのにいくら必要かご存知ですか?」

「最終的に公的年金ではどのくらい足らないですか?」

トップセールスは答えを言うのではなく、質問することで
お客様に答えを言わせる。

「60歳までに2000万円貯めないとまずい」
お客様の口からこんな言葉が出たら、保険を売るのは楽勝だ。

人に勧められたか・・・自分で気づいたか
結果は大きく変わるのだ。

売り込みや押し付けではなく「質問」。

セールスだけの話だけではなく、不況で成熟社会の日本で
成功するためにはこの質問する力がこれからますます重要になる。