■無料動画セミナー

あなたの会社も日本一になることができる

小さな会社を3倍、5倍、10倍と売上アップさせ
180日で「日本一」の座を獲得する5つの鍵が
期間限定で【無料公開】

手続きは約20秒。メルアドを入れるだけ。

無料動画セミナー
小さな会社を日本一に変える戦略





■先生と呼ばれながら成功しよう

あなたが風邪をひいて病院で診察を受けた際
通常医者の診察時間は長くても5分程度ではないか。
(場合によっては1〜2分ということもある)

しかもほとんどの場合治療は薬をもらうだけ。

にもかかわらず何十分も診察されるまでに待たされるケースが多い。

しかし診察室を出る時あなたはどんな言葉を発するだろうか?

私は「ありがとうございました」「お世話になりました」と通常言う。

こちらがお金を払う客でしかも待たされた上に診察時間はほんの
少しの時間。なのになぜ我々は感謝の気持ちを述べてしまうのか?

それは医者という職業が我々の持っている、抱えている病気という
問題を解決してくれる、取り去ってくれるからではないか。

医者は問題解決型のビジネスと言っていいかもしれない。

医者以外にあげるとすれば代表的なものが弁護士だろう。
裁判やもめ事などわれわれが困っていることを見事に解決してくれる。

だから高い報酬を得ながら客から「先生」と言われ敬われる。

いかがだろうか。
あなたのビジネスも問題解決型にできないだろうか?

この話をある保険営業パーソンにすると「自分は保険を売るのが仕事
だから問題解決型のビジネスになんてできない」と答えたが・・・
それはやり方を知らないだけである。

「この保険はいい商品です。絶対お勧めです」と売り込んでいては
もちろん問題解決型ビジネスにはならない。

大切なことは客がどんな問題を抱えているかをしっかり掴むことだ。

例えば年金問題が深刻化している日本であれば、多くの人が老後に
不安を持っているはず。

公的年金だけでは豊かな老後を暮らせないかもしれない・・・
こんな不安や問題を解消・解決する提案をすればいいのだ。

老後のための資産形成の手段を提案するのだ。
これで客の不安は解消する。

もちろんその手段が保険だから保険は売れてしまうことになる。

保険を売るのではなく問題解決を売る・・・
こんな演出ができれば間違いなくうまくいく。

商品やサービスを売るというと値段や品質ばかりに目が行ってしまうが
売り方、演出の仕方次第で問題解決型ビジネスになり大きな差別化・
独自化ができるのだ。

あなたのビジネスも変えてみないか?