■無料動画セミナー

あなたの会社も日本一になることができる

小さな会社を3倍、5倍、10倍と売上アップさせ
180日で「日本一」の座を獲得する5つの鍵が
期間限定で【無料公開】

手続きは約20秒。メルアドを入れるだけ。

無料動画セミナー
小さな会社を日本一に変える戦略





■発想のベクトルを変えよう


先日帰宅する際、駅で電車を待っていると、ホームの売店に
つなぎを着た作業員がビールを搬入していた。

非常に暑い日だったので、ビールもきっと売れるのだろうと
思って見ていたのだが、売店で飲料水を買う人はノンアルコールの
飲料水ばかり選んでいた。

仕事中ならアルコールはダメだがホームにいた多くの人は
これから家に帰宅する人ばかりと予想できる。

にもかかわらず、私が見ていた限りではビールは1本も売れて
いなかった。

ここで考えて欲しい。

ビールはジュースやコーヒーよりも単価が高く利益率も悪く
ないはずなので、できれば売店の人はビールをたくさん売りたい
はずだ。

もしもあなたが売店の経営者で1本でも多くのビールを売ろうと
した時、どんなやり方を考えるだろうか?

「ビールの値段を安くする」
「ビールではなく単価の安い発泡酒や第3のビールを売る」
「今までにないおいしいビールを売る」

「店員がビールはいかがですか!と声を掛ける」
「ビールを一番目立つ棚に並べて売る」

弊社のクライアントに聞くとこんな答えが多かったのだ。

もちろんどれも間違いではなく実行すればいい結果がでるかも
しれない。

しかし私はこれから厳しい競争に勝っていくためには別の発想が
大切ではないかと考えている。

上記に挙げた答えは、商品自体を変えるかまたは売り方を変化
させるかのどちらかだ。

もう1つ買う人の心理を考えるのはどうだろうか?

なぜビールを飲みたい人が多いのに買わないのか?
どうすれば買いたいと思うのか?

こんな切り口で考えると・・・
私の答えは「ボックス席の電車を増やす」というもの。

普通の電車でビールを飲むことに抵抗がある人は少なくないはず。

一方ボックス席ならどうだろうか?

そのハードルが低くなり、帰宅時にビールを飲みながら電車で
帰ろう!という人が増えるのではないか。

ビールのために実際に電車のボックス席を増やせるかという
それはどうかわからない。

しかし大切なことは商品や売り方以外に全く別の考え方がある
ことに気づくことだ。

いかがだろうか。

商品や売り方だけではなく、「心理」を切り口に
あなたのビジネスでも考えてみないか。